【3COINS】撮影ボックスがおすすめな理由5選|夜でも写真がキレイに撮れる

※本ページは、広告が含まれています

ブログ用の写真を撮りたいけど、夜だと上手く撮影できない…

ブログ運営をしていると、商品の写真を自分で撮影することも多いと思います。

本業があると夜の方がブログ作業がしやすいのに、写真はやっぱり天気の良い日の午前中に撮った方が圧倒的にキレイ…

私は夜にブログ作業をすることが多いのですが、「写真だけ別日に撮影してから、記事を公開する」ということが結構ありました。

せっかくブログ作業のやる気マンマンの時に、記事が公開できないと困りますよね。

そこで思い切って『撮影ボックス』を購入してみたところ、「なぜもっと早く買わなかったのか!?」と思ったぐらい、キレイに写真が撮れるようになりました

そこで今回は、購入した3COINS(スリーコインズ)の『撮影ボックス』が良かった理由5選を紹介します。

  • 夜や天気の悪い日でも写真をキレイに撮りたい
  • 部屋の日当たりが悪く、写真がキレイに撮れない
  • 部屋がごちゃついていて、撮影スペースがない

ブログの写真撮影で、こんな風にお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

さくら

撮影ボックスのおかげで、部屋が散らかっていてもキレイな背景の写真が撮れるようになりました!

目次

撮影ボックスって本当に必要?

さくら

『撮影ボックス』って便利そうだけど、無くてもなんとかなってるし、買うか迷うなぁ…

最近は、ダイソーなどでも『撮影ボックス』が登場していますが、「本当に必要なのか?」と迷い、なかなか購入まで踏み切れませんでした。

他にも、こんな不安もあり、購入をずっと迷っていました。

  • 値段がピンキリで、どこのが良いか分からない…
  • 大きい物が良いけど、邪魔になりそう…
  • 安い物だとライトの明るさが足りないんじゃ…
  • あんまり高い物はイヤだなぁ…

こんな私のわがままを叶えてくれたのが、3COINSの『撮影ボックス』です。

MサイズとLサイズの2種類があったのですが、せっかくなので大きいLサイズを購入してみました。

さくら

この判断は大正解!
化粧品の縦長のボトルも、ギリギリ立てた状態で撮影できました。

スリコの『撮影ボックス』を使って、夜に撮影してみた写真を比較してみましょう。

自然光のみで撮影

『撮影ボックス』で撮影

さすがに夜に自然光だけで撮影する方はいないと思いますが、差は一目瞭然ですよね!

ちなみに、背景は、どちらも『撮影ボックス』に付属していた、黒色のシートを使いました。

スリコの『撮影ボックス』には、白色の背景シートも付属しているので、商品によって使い分けができますよ。

さくら

『撮影ボックス』のおかげで、夜でも天気が悪い日でも、いつでもキレイな写真が撮れるようになりました!

【3COINS】撮影ボックスがおすすめな理由5選

今回スリコの『撮影ボックス』を購入して良かった理由は、以下の5点です。

  1. 天気や時間に関係なくキレイに撮れる
  2. 部屋を片付けなくて良い
  3. 大きめサイズで使いやすい
  4. 真上からでも撮影ができる
  5. 折り畳むとコンパクトに収納できる

それぞれについて、もう少し詳しく紹介していきますね。

1)天気や時間に関係なくキレイに撮れる

スリコの『撮影ボックス』がおすすめな理由1つ目は、「天気や時間に関係なくキレイに撮れること」です。

先程も実際の写真をお見せしましたが、いつでもキレイな写真が撮れるようになりました。

スリコの『撮影ボックス』には、白色と黒色の背景が付いているのですが、Amazonなどで購入できる「背景シート」と組み合わせて使うのもおすすめです。

付属の白色の背景で撮影

『背景シート』を使って撮影

背景だけで写真の雰囲気がガラッと変わるので、撮影する商品に合わせて背景を変えてみるのも良いですね。

先程の写真の背景は、以下のようにして撮影したのですが、撮影後も『背景シート』は曲がっていませんでした。

今回使用した『背景シート』は、しっかりしたツルッとした紙なので、このぐらいではダメージゼロ。

多少濡れても大丈夫なので、ズボラな私にはとてもありがたいです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
さくら

この『背景シート』は、シンプルなものから今回使ったような柄までセットになっているので、商品に合わせて使い分けられて便利ですよ。

2)部屋を片付けなくて良い

スリコの『撮影ボックス』がおすすめな理由2つ目は、「部屋を片付けなくて良いこと」です。

ブログ用の商品写真を撮影する時、私の場合、まずは「机の上に置かれているものを端に寄せる作業」が必須でした。

化粧品など、商品を立てて撮影したい場合は、背景にも撮影シートを無理矢理立てて置いて撮影していました。

ですが、大きい商品の場合、背景シートからはみ出してしまうので、背景がなるべくキレイな場所を選んで撮影するのですが、これもなかなかめんどくさい…

そんな時でも『撮影ボックス』があれば、ボックスを組み立てるだけで、すぐにキレイな写真が撮れます。

さくら

部屋や机の上が散らかりがちな私の救世主!

3)大きめサイズで使いやすい

スリコの『撮影ボックス』がおすすめな理由3つ目は、「大きめサイズで使いやすいこと」です。

ダイソーやキャンドゥ、サンキューマートなどでも『撮影ボックス』が販売されていますが、サイズはだいたい「W22×H24×D23cm」ぐらいのようです。

さくら

スリコの『撮影ボックス』Mサイズも、このぐらいのサイズ感ですよ。

ですが、スリコの『撮影ボックス』Lサイズなら、「約W30×H32×D31cm」となんと約10cmも大きいんです。

そのため、化粧品ような少し長めのボトルもギリギリ撮影できました。

Mサイズの『撮影ボックス』と比較してみると、大きさの違いがよく分かりますね。

3COINSオンラインショップより引用
さくら

化粧品のボトルなど、少し大きめサイズの商品を撮影する方は、絶対にLサイズがおすすめです。

4)真上からでも撮影ができる

スリコの『撮影ボックス』がおすすめな理由4つ目は、「真上からでも撮影ができること」です。

スリコの『撮影ボックス』Lサイズには、天井に穴があるので、商品を真上から撮影することができます。

穴の部分は、マジックテープで止まっているだけなので、つけ外しも簡単です。

この穴から撮影した写真がこちら↓

スリコのLサイズの『撮影ボックス』なら、真上からでもキレイに写真が撮れました。

さくら

真上からの写真を撮りたい方は要注意!
スリコのMサイズの『撮影ボックス』やダイソーなどの商品には、この穴はありません。

5)折り畳むとコンパクトに収納できる

スリコの『撮影ボックス』がおすすめな理由5つ目は、「折り畳むとコンパクトに収納できること」です。

30cm以上もあるので、かなりの場所を取るかなと思っていたのですが、折り畳むとこんなにコンパクトになってくれます。

使わない時は、折り畳んでから書類立てに入れて収納しています。

撮影する時は、サッと取り出して簡単に組み立てられるので助かります。

さくら

付属の背景シートも柔らかい素材なので、二つ折りにしてボックスと一緒に収納しています。

【3COINS】撮影ボックスのデメリットはある?

私が思うスリコの『撮影ボックス』のデメリットは、以下の2点です。

  1. 商品によっては、ライトが反射する
  2. 持ち帰るのが意外と大変だった

まず、1つ目は「商品によっては、ライトが反射すること」

特に表面がツルっとした商品の場合、『撮影ボックス』のライトが反射してしまうことがありました。

ライトの反射は、『撮影ボックス』に限ったことではないのですが、撮影時に少し工夫が必要です。

さくら

私の場合は、付属の白色の背景をライトに被せたら、反射しなくなりました!

他にも、100均などで買える「乳白色のまな板」などをライト前に置くのも有効だそうですよ。

商品の角度などを調整することで、キレイに撮影することができました。

そして2つ目のデメリットは、「持ち帰るのが意外と大変だったこと」です。

Lサイズだと30cmぐらいあるので、荷物が少ない日に大きめのエコバッグを持参して購入するのがおすすめです。

持っていたエコバッグに入ると思って袋をお断りしたのですが、私が持っていたエコバッグに入り切らず、手で抱えて帰りました…

さくら

これは、完全に私が悪いのですが、荷物が多い日に思い付きで購入してしまったので、持ち帰るのに意外と苦労しました。

3COINSは、オンラインショップもあるので、ネットで購入するもおすすめです。

【3COINS】撮影ボックスの使い方

スリコの『撮影ボックス』の使い方は、とても簡単です。

まずは、左右にあるボタンを止めてボックスを組み立てます。

この時、一度反対側に折ってからボタンを止めると、キレイにボックスが組み上がりますよ。

次に、USBケーブルを手前のライトに差し込みます。

コンセント部分は、付属していないので、自分で用意する必要がありますが、スマホなどの充電で使用しているものがあればOKです。

ここまで完成したら、背景シートをセットします。

背景シートは、ボックス奥にあるツメに引っ掛けて使います。

このツメのおかげで、撮影中に背景がズレたりせず、快適に撮影することができますよ。

スリコの『撮影ボックス』は、完成するとこんな感じです↓

あとは、ケーブルをコンセントに差し込むだけで使えますよ。

実際にライトをつけてみましょう!

ライト点灯前

ライト点灯後

ライトは、ボックスの前後2列についているのですが、思っていた以上にライトが明るくてビックリしました。

以下の写真も同じ時間に撮影したのですが、全然違って見えますよね。

ライト点灯前

ライト点灯後

さくら

この『撮影ボックス』を使うだけで、写真がかなりキレイに撮れるようになりました!

【3COINS】撮影ボックスの概要

商品名撮影ボックス:Lサイズ
価格税込1,650円
サイズ・約奥行き31×幅30×高さ32cm
・USBケーブル長さ96cm
素材PVC、EVA
セット内容・本体
・USBケーブル(長さ約96cm)×1
・背景シート×2(白、黒)
LED電球数2本(60灯)

USBケーブルしか付いていないので、コンセント部分は家にあったものを使いました。

コードの長さは約96cmもあるので、机の上での撮影も余裕でした。

撮影場所近くにコンセントがない方は、モバイルバッテリーでも使えます。

コンセントを挿せばライトが点灯するので、コンセント近くにいるとライトのON /OFFがしやすいですよ。

さくら

商品写真が足りなかった時も、すぐに追加撮影ができるのでとても助かっています。

まとめ

今回は、購入した3COINS(スリーコインズ)の『撮影ボックス』が良かった理由5選を紹介しました。

『背景シート』は持っていたので『撮影ボックス』までは、買わなくて良いかなと思っていたのですが、ブログ作業を夜にすることが多いので、夜でも写真撮影ができるようになったのは、とても良かったです。

これでいつでも、ブログ用の写真撮影ができます。

また、個人的には、背景を気にしなくて良くなったのがとても良かったです。

部屋の片付けや、机の上の散らかりを気にしなくて良いので、撮影したい時にすぐに撮影できるようになりました!

特にASP系の商品写真は、キレイな方が売れやすいと思っているので、キレイにな写真がいつでも撮れるようになって大満足です。

    • 夜や天気の悪い日でも写真をキレイに撮りたい
    • 部屋の日当たりが悪く、写真がキレイに撮れない
    • 部屋がごちゃついていて、撮影スペースがない

と、お困りの方は、ぜひスリコの『撮影ボックス』を試してみてください。

さくら

持っていた『背景シート』と組み合わせることで、かなりキレイな写真が撮れるようになりました!

こちらの背景シートも、商品撮影で重宝するのでおすすめです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次